歯石を放置することで起きる口腔内の異常について紹介しているサイト

歯石を放置することで起きる口腔内の異常

>

口腔ケアは自分に合うものを楽しく

清潔感と若々しさを損なう黄ばみ

虫歯のように歯に直接痛みや健康上の異常が無くても、黄ばみの蓄積を気にする人は多いです。
私達の生活の中では、歯を黄ばませてしまう原因があちこちにあります。
ブラッシングが行き届いていなかったり、口腔内の乾燥状態が長かったりしますが、1番影響があるのは飲食です。

コーヒーやカレーなど色の濃い飲食物による歯の着色はもちろんですが、歯垢や歯石を取り切れていない状態も、黄ばみの大きな原因となります。
放置した歯垢や歯石は歯の黄ばみとなって蓄積し、自力で除去することが難しくなるためです。
歯の黄ばみはふとした時に目立ち、清潔感や若々しさを損なった印象を相手に与えることがあるでしょう。
見た目を気にする現代社会の人にとって、とてもセンシティブな問題の1つと言えるかもしれませんね。

歯石の放置による黄ばみは口臭も伴う

歯垢や歯石を放置すると見た目において良くない影響がありますが、加えて口臭を発生させることが多々あります。
歯の黄ばみは加齢による場合もあるため一概にはいえないものの、歯が黄ばんでしまうほどの汚れの蓄積だった場合は口臭を伴うことが少なくありません。

虫歯や歯周病によって口臭が生じてしまうことは有名ですが、黄ばみもまた汚れそのものであり、汚れによる色素沈着だけでなく臭いの吸着に繋がっています。
歯科医院でホワイトニングや歯石の除去を行い、早々に取り去ってもらうのが1番です。
歯だけではなく、歯茎や上あごなどのブラッシングもしてもらいましょう。

健康面だけではなく、見た目や衛生面で人を不快にしてしまうかもしれない状態はできるだけ避け、適切なケアで清潔な状態をキープしたいものですね。


この記事をシェアする