歯石を放置することで起きる口腔内の異常について紹介しているサイト

歯石を放置することで起きる口腔内の異常

>

歯石を放置すると歯周病の原因になる

歯石の放置が歯周病や虫歯となる仕組み

歯の表面に付着する歯石は、歯垢が蓄積することによって石灰化したものです。
歯垢は日々生活する中で必ず発生するため、都度丁寧なブラッシングにより取り除かなければなりません。
ブラッシングが行き届いていないと歯垢がとどまり、やがて歯石となります。
歯石の厄介なところは、歯石自体が汚れであるのに加え更なる汚れの蓄積を促進させてしまうところです。
歯石の表面はざらつきがあり、食べ残しや磨き残しによる汚れを引き寄せ歯石を大きくします。
これをエサとし歯周病原菌が繁殖し、虫歯になって口腔内の疾患へと繋がっていきます。

歯石は1度できてしまうと自力での除去は難しいため、歯科医院で早めに除去してもらいキレイな状態を常にキープしておきましょう。

プラークコントロールで歯周病を予防しよう

プラークコントロールという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
プラークコントロールとは、口腔内を常にキレイな状態に保つことを言います。
歯垢や歯石を歯に留めないよう毎日のブラッシングをきちんと行うとともに、セルフケアで除去しきれていない歯垢や歯石などを歯科医院で取ってもらいます。

普段しっかりブラッシングしている人やケアに自信がある人でも、歯垢や歯石がゼロという状態の人は少ないことが現状です。
ブラッシングの癖や同じ場所ばかり磨いていて全体を磨けていない場合など、さまざまな理由で歯垢や歯石はどこかに付着してしまいます。
日々の生活の中で少しずつ溜まっていくため、プラークコントロールのために定期的に歯科医院へ行くことが望ましいでしょう。


この記事をシェアする