歯石を放置することで起きる口腔内の異常について紹介しているサイト

歯石を放置することで起きる口腔内の異常

>

歯の健康はこまめなケアが基本

歯垢除去にはフロスを併用しよう

毎日のブラッシングやマウスウォッシュなど、日々の習慣としてケアを頑張っている人は多いでしょう。
歯垢は物理的に取り去るのが1番効果的なため、日々のケアの中にまだフロスが無い場合はぜひ導入するのがオススメです。
フロスは一般的に歯間ブラシと呼ばれており、ホルダータイプやロールタイプ、フレーバー付きなどさまざまなものがあります。
最近ではパッケージのオシャレなものがありますし、少しの時間で手軽に使えて携帯にも良いので仕上げのケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

フロスを使うと歯間が大きくなってしまう懸念を抱く人もいるようですが、歯は日々動いているため大丈夫です。
それ以上に、ブラシが届きにくい場所の汚れまで除去できるとてもオススメのアイテムなのです。

定期歯科健診を受けよう

歯の健康状態をキープするには、セルフケアだけでは足りないところが出てきます。
加齢と共に口腔内の健康は損なわれやすい傾向があるため、それまでセルフケアで健康を維持できていた人でも、ある日突然不調を感じるといったことが生じます。

元々、磨き残しの除去やブラッシング指導など、セルフケアだけでは補えないのが歯の健康です。
加齢に関わらず定期的にプロの目で客観的に診てもらいましょう。
口腔内だけのことではなく、歯周病原菌が口腔内に存在することで人体に良くない影響やさまざまな病気の原因となることが分かってきているため、歯の健康維持に努めることはとても大切なことなのです。
こまめなセルフケアと歯科健診で予防しながら歯の健康を維持しましょう。


この記事をシェアする